ブログトップ

どんぐり日記

meinweg.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今日はクマ。

本日、日曜日。
エモリミエは、クマでした。

と・・・・・

クマですか。

そう、クマです。
冬眠中のクマです。
クマのように、寝てました。
トータル、15時間!
キャー!一日の半分以上!!

まだまだこんなに寝れるのは、若い証拠?
それとも、反対???

1週間普通のペースのお仕事でしたが、
なにゆえに、こんなに眠れたのか、寝たかったのかが不思議・・・
夜は6時からお友達が晩ご飯を食べにきました。
すべてのゴハンは、ルードルーフ!が作りました。
嫁は、こそこそ、レタスをちぎり、トマトを切って、サラダにし、
パンを切り、カゴに盛っただけ!

さ、また、クマ寝にいきます。
寝だめって、人間できるんかな?
オヤスミナサイ。。。
[PR]
by rikirui | 2010-01-25 06:43

こんな遊び・・・

このブログのサブタイトル。
ドイツの自然、お花と、木と・・・

エモリミエの職業。
フローリスト・・・

そやけど、ブログの内容。。。
ルドルフ。釣り。牛。カエル(ゲコ)。ゴハン。


なんか、ちゃうなぁ・・・

そうやけど、
さいきん、おとうさんの遊び虫が出てきたそうなので、

ドイツの冬ならでは!
絶対筋肉痛確実!
のこんな遊びを、
ご紹介します!

こちら・・
e0103663_972279.jpg

やっぱり、いつも・・・食べもんから?!
e0103663_985554.jpg

準備中・・・
e0103663_993823.jpg

てくてくと・・・始まった・・・・
e0103663_9103655.jpg

上のこの山小屋まで歩くこと、約3時間(2回のおやつ休憩込み)
e0103663_912484.jpg
e0103663_9123141.jpg

で、滑り降りる・・・

以上っ!


ドイツ式ソリ遊びでした。

私は、こういう普通さっていうのか、
地味~な感じというか、
ドイツ人の持っている感覚が大好きです。

大人も子供も。
雪が降って、登山道が真っ白になった冬の日曜日。
突然、

あ。ソリ行こう!

みたいな感じで、
2~3時間かけて、山の上までソリ持参で登り、
ビユーーーーーーーーー
っと降りてきて、

ほな!

ってゆうて、帰っていきそうな人たちの
この感覚。

いいなぁー。
おもしろい!


で、木ぞりなんて、簡単やーん!

と思っていた私の
内股筋肉は、
思いっきり筋肉痛になりました。

修行がたりませんね・・・・

でも、ソリもつらかったけど、(自分の足でブレーキかけんとあかんからね)
山登りが、しんどいーちゅうねん。
ソリ、重い!ちゅうねーん。
雪道をスノーブーツで歩くのも、大変やーん!

コレを企画してくれた友達は、
こう言っていました・・・

こないだ来た時はなぁ、
雪の状態もよく、ちょうど満月やったから、
一回降りてまた登って、また滑ってきてん。
満月やったし、雪あるしで、
道も明るかったし、ロマンチックやったなぁ。

ドイツの遊び。
体力要ります。
[PR]
by rikirui | 2010-01-20 09:25 | 自然

おとうさん、大当たりー!

どれだけの方が見てくれて、
ひそかに、あれちゃうん?と思ってくれたかは
わかりませんが、
唯一の回答者おとうさん、
大当たり!!!です068.gif

ルドルフ・一発ギャグは、
自由の女神!
白い物体は、服のハンガーですが、
空気を入れ、膨らませて使うタイプで、
針金ハンガーや、普通のタイプだと、肩のところに
変なアトがついたりするけど、コレだと、
風船のようにまぁーるくなっているので、
アトがつかない!

たまーに、
家事を手伝って!とお願いしたら、
このように登場されるわけであります。
うまく、私のツボをついたら、
私が、ガハガハ笑うので、
そのまま、手伝わんくてもいいふうに、もっていく・・・

さすがやなー。
私の事もわかっている!
エモリサン、面白ければ、
何でも許すし、店でもまけちゃいます!
(だから、絶対商売に向いてない・・・)


そして・・・・・・
おとうさんへの挑戦・第二弾!

新年早々、
エモリミエが、作成のお手伝いをし、
食べたものは?~!

これっ!!!!

e0103663_661060.jpg
e0103663_663178.jpg
e0103663_67795.jpg
e0103663_673099.jpg


全部、いちから、作っています。

昆布巻き
伊達巻
たたきごぼう
筑前煮
かずのこ
ごまめ
栗きんとん
栗だけ・きんとん
なます
お雑煮
トリから
ローストビーフ
エビフライ!

エモリサンは、今年、
ごまめ・炒り、
トリから&エビフライ・揚げ
ローストビーフ・切り
などなどを、手伝いました。
だから。
味付けは
あんまし
よく
わかってません。。。

でも、コレが本当においしいのです!
本当どころか、むっちゃ!

私のドイツでの、おかあさん作です。
去年から参加しているおせち作り!
いろいろ勉強させてもらってます。

とにかく、
伊達巻は、
すごすぎ!

ただ。。。
きっと・・・
ドイツに何十年も暮らしていると、
どれが一の重で
どれが二で・・・とか、
組み合わせはわかんなくなるのかな・・・
そもそも、組み合わせに意味があるのか・・・
さえも知らない、現代っ子エモリミエ・・・

うーん・・・
ちょっと、今更、恥ずかしい・・・
[PR]
by rikirui | 2010-01-19 06:20 | 日常

スイス式?大晦日。

と、いうわけで・・・
ココまでのブログは、去年の出来事を書いています。
だから、私の誕生日も、12月。。。クリスマス少し前の、
忙しくて、あんまり、だーれもかまってくれない時期です。。
でも、去年は、おばちゃん、来てくれはったし、いっか!

誕生日、クリスマス、そして、年末・・・と
毎年、どどどどーっと一気に過ぎ去っていきます・・・
まさに、師走、走る、走る!って感じ。

でも、大晦日はかなりゆったりと、ほんわか、のんびりムードでした。
ルドルフさんの生まれ村の、唯一のホテルへ、
義兄、義姉、ルドルフの4人でゴハンに行きました。
スイス式、大晦日のメニューはこちらっ!

e0103663_861497.jpg

シェフ自ら燻したスモークサーモンに、鮭のテリーヌ、サラダ、西洋ワサビ添え

e0103663_872697.jpg

子羊フィレ肉のクルクル巻、チェリートマトのソース、バルサミコ酢・赤ワイン風味

e0103663_884465.jpg

飲んだ赤ワイン、名前記憶になし、シチリアのワインやったような・・・

e0103663_893079.jpg

地中海のバジルスープ、お魚と一緒に・・・

e0103663_8102054.jpg

レモンシャーベット、シャンパン入り

e0103663_811243.jpg

牛フィレのステーキ、アミガサタケソース和え。
ジャガイモに市場野菜をたっぷり添えて・・・

e0103663_812888.jpg

ラズベリーのシャーベット、パイナップル&柿のカルパッチョ、パッションフルーツ和え

以上!
肉肉、魚魚なゴハンです。
おとうさんのコメントまってます~~。

そんな、村唯一のホテルは、近所のおっちゃん、おばちゃんから、
若者までがおしゃれしてきて、食べたり、飲んだり、踊ったり・・・

かわいかったのが、
きっと、新婚さんか、婚約中のヤングカップル!
男の子が(もう、明らかに若い!)
が、いそいそと、弾き語りのおっちゃんのところへ、リクエストしに
行きました。
そして、流れてきた曲は・・・
永遠の愛!
しかも、スイスの方言バージョン!
かわいー。
こんなふうに踊ってました?!
e0103663_8163896.jpg


老若男女も踊ってまーす。
e0103663_8172383.jpg


エモリミエも、ルドルフさんと、踊りまーす。
123,123、のワルツです。
しかし、よく知らない私は、手の位置とか、男女逆だったり、
とととと・・・と漫画みたいな動きだったり。。。

ま、えっか。村やし!


生まれ村、生まれ国が大好きなルドルフさんは
ご機嫌のご様子で、
年始そうそう、ルドルフの一発ギャグで、
私を、わらかしてくれました。

それが、これ。
e0103663_8203429.jpg


さぁ。なんでしょうか???
ヒント: アメリカにいてます。

なかなかに、自由な発想、一発ギャグにもっとも大事だと思われる、
単純さを、よくわかっていらっしゃる。
うーん、やるなぁ。。。
ちょっと、ジェラシー。

で、わかった方いらっしゃいますかぁ???
[PR]
by rikirui | 2010-01-16 08:25

お誕生日は、近所のおばちゃんと。

実は、私、
おっちゃん、おばちゃん好きです。
子供時代はよく覚えてないけど、高校生の頃から
おもろいおっちゃんと、おばちゃんが好き。

ふつうに、おっちゃん、おばちゃんというと、
なんだか、ケンカ売ってるような(誰に?)
ネガティブに受け止められるかもしれませんが、
私的には、
大尊敬!の意味合いをこめてゆうています。
(おとうさんなら、わかってくれるはず・・・)

面白くて(コレが一番!)、かわいくて、いろんな経験してはって、
わが道をゆく、おっちゃんと、おばちゃん。

ケンカを売るとしたら、
おっさんに、おばはん!です。。。(売らんでいいねんけど。)

ドイツにきてからも、それは、変わらず。

今のお店でも、前の店でも、
いろんなおっちゃん、おばちゃんに出会い、刺激をうけました。
そして、今年の誕生日は、
お店の近所に住んでいるおばちゃんがやってきて・・・
しかも、かなりの大荷物・・・
どないしはったんやろ~
と思ったら、いきなりお店の一角を片付けはじめ、
ガサゴソ、ガサゴソ。

何がでてくんねーん!

そして。。。どーん!
e0103663_640241.jpg


おばちゃん、家から、カップ&ソーサーと、
飲み物は、私が好きな温かいリンゴジュース。
+ケーキ2種類。
を持ってきてくれ、
さ、あなたの誕生日会をしましょう!
とゆうてくれたのでした。

もう一つ前の誕生日のとき、
実はねー、今日、私誕生日なんです~~と
言うと、
あらー!私と一日違い?あなたも射手座???気が合うわね。
と意気投合~!!
それからというもの、何かあるたびに、

あなたは射手座よ、私はあなたの性格がよくわかるわ!
私とおんなじ!!

と言い、(私はあんまし星座とか気にしないけど。。。)
ことあるごとに、
まーね、あなたは私の一番下の妹みたいね。
と言ってくれます。
年の差は39歳だけれど、
そして、そんな姉妹はおらんと思うけど、
そういうふうに、ゆうてくれるのは、うれしいなぁ。

来週は、たまたまお店に来て、花を買っていった人が、
すぐ近所に住んでいることが判明し、
しかも、日本へ昔行ったことがあるとかで、
ぜひ、家に遊びに来て!といわれたおばちゃんのところへ、
チャー飲みに行ってきます。

おばちゃん、万歳!

私があんまり、おばちゃん~というもんだから、
ルドルフさんも、すっかり記憶!そしてお気に入り!!
でも、使う相手がよく間違っている!
私が横で、
ちがう!あの人には、おばちゃん!ゆわんでええ!
ちゃう!、あの人におばちゃんゆうたら、おこられんで!
若すぎ!
と、いちいち訂正します。

そんな、ルドルフさん。
こんな夫婦の会話でよいのか??
なーんて、思ってないといいけどねー。

そして、年女な、今年です・・・
かわいいプレゼントももらいましたぁ・・・
e0103663_714731.jpg

[PR]
by rikirui | 2010-01-12 07:01

バーバラとの日々。

おまけとして、
私が、時々、
おー!あなたが好きです!
とバーバラに対して思う瞬間。

よくあるけど、
最近、2人でもりに盛り上がったのは、

生まれ変わるとしたら、どの木になりたいか?!

前にも、ブログに書いたような気もしますが、
おんなじことを、お店でバーバラに言うと、
その私の発想を、いたく気に入ってくれたらしく、

うーん。いいテーマね。
今日は息子のZenoとも話してみるわ。

と言い、
次の日、

昨日ね、息子と話したの、
そうしたらね。
いろんな好きな木があって、決められないんだって!!
で、私にね、
なんで、ミエは西洋菩提樹がすきなの?って
聞くのよねー、
で、なんでミエは西洋菩提樹なの??


そんなことを、真剣に、話す、
大人たち、子供たち。
ふつう、
エモリサンみたく、
私ねー、次の命は、木になって生きたいの~。
なんて、言うアルバイトが自分の店におったら、
怖くないかなぁ???

それを、いいテーマだといってくれる人、
それが、バーバラです。

それ以外も、この間は、
彼女のパートナーの親友・ルッツについて、
すごくいい人なんだけど、彼女がいないのよぉ、
ミエ、誰かいい人しらない??
と聞いてきます。

私は、
そういえばねー、日本人の女の子で一人、
いるなぁ・・・ルッツとあうかも・・・
と言いました。

盛り上がった二人は、
よし、じゃ、いつか、引き合わせよう!
その前に、私のパートナーにきちんと聞いてみるわ、
本当にフリーなのか、どうかね。

と、すぐ受話器をとり、パートナーに聞いている彼女。
いきなり、爆笑しだして、ほんじゃ!って電話を切るので、
どーしたん?ってきいたら、

いやぁ~、パートナーにさ、
あんたら、仕事で忙しい!ゆうて残業ばっかりしてはんのに、
なに、結婚相談所みたいなことしてんねん!
って言われたのよー。
言われたら、それもそうね~。
ハハハー。

ほんまやでー。


それでも、私達は、ひそかに、ルッツプロジェクトと名づけ、
機会をうかがっているのであります。
[PR]
by rikirui | 2010-01-10 02:05 | 人間

2009年のメインイベント。

だったのは、
11月の待降節(アドベント)1週間前に企画した、展示会!
です。

まー、最初っから、何でも話すと、いろいろ長くなるのですが、
(それでなくても、長文書いてしまうのに・・・)
いろんな出会い、過程、があって、
今、私が働いているお店は、本当に気に入っています。
そして、いい勉強もさせてもらっています。
卒業した学校が同じ学校で、
その学校に、惚れに惚れているのも、おんなじ。
私が、尊敬してやまない、フローリスト・ ウルズラ・ウェゲナーさんの
アシスタントとしても、長年働き、
有名な花の島(マイナウ島)でのトップフロリスト時代は、
いくつか日本人向けのセミナーも行っていたとのこと。

でも、私が出会ったのは、
ドイツ語・サッパリ??時代の、
成績最下位時代の、(よくあるので、珍しくはないけれども・・・)
無理やり、仕方なく、補習学校へ通っていた時代の、
先生としてでした。

最初は、いつものように、
よーわかりませーん。へへへ・・・
だったのが、彼女の見せてくれる手書きの植物画が
あまりにもキレイすぎて、
すごい、キレイ!
と、思ったのが始まりです。
(絵の補習学校じゃなく、フロリストになるための学校に
行っていたけど、普通では授業についていけず(ドイツ語ブーだったため)
それを補う学校でした。)
しかし、絵、すごいキレー!とかゆうてるあたりからして、
もう、ちょっと、違う方向?!

だけど、その絵こそ、
私が当時、行きたくて仕方がなかった学校、
ヴァイヘンシュテファンの授業時間に書かはった絵だったのです。

それから、私は、バーバラに会うたびに、
学校への夢とか希望とかを語りまくり、
そのつたないドイツ語を毎回、
そう、まぁ!、へぇーと、聞いてくれ、
頑張ってねー。と言ってくれたのでした。

その後、私は学校に行くことができ、卒業することもでき、
ミュンヘンの違うお花屋さんで働き始めたのですが、
結婚を機に、
少し、時間の余裕もほしい、
いずれは自分で何かを始めたい!
と思うようになり、その店を辞め、
ちょうど、自分の店を立ち上げた元同僚のトルステンを
手伝っていたある日。
花の市場でばったり!再会。
彼女がお店を持ち始めたことも知っていたし、
何回かはそのお店を訪ねてみたりもしていました。
そのたびに、手伝えることがあったら、いつでも手伝います!と
ゆってはいたものの、
彼女が一人パートで雇っていた人がやめるだかで、
代わりの人を、探し中だったバーバラ。
とりあえず、私をまず先に思い出してくれ、
何回か携帯に連絡をしてくれたらしいのですが、
非通知の電話番号とか、あまりとらない、エモリミエ・・・
しかも、(ちょっと)電話嫌いで、携帯も携帯しないことが多い人・・
このわたしは、そんなん、寝耳に水!状態!
あらー??すみませーん!!

結局は最後には手紙だそう!と思ったらしく、
最後だとおもって、手紙を出したのが、昨日よ!
と、市場で言われたのでした。
次の日、本当に手紙が届き、
これこれ、こういうわけで、一人雇いたいのだけれど、どう?
と書いてあり、
その週にはお試し仕事(日本でいう面接?!かな、違うところは、自分がどのくらい仕事ができて、どんなセンスで、何ができるかをみせなければいけない!)
を一日行い、即日採用してくれ、働きはじめたのが、
始まりです。

なっがー!長長!
やけど、短く書かれへん・・・


そんな、私の大好き・バーバラ!
e0103663_123531.jpg


そして、展示会の模様!
e0103663_1242755.jpg
e0103663_1244540.jpg
e0103663_125710.jpg

e0103663_283524.jpg

e0103663_1252881.jpg
e0103663_126739.jpg
e0103663_1263367.jpg
e0103663_1265381.jpg
e0103663_1271391.jpg
e0103663_1273495.jpg
e0103663_1275595.jpg



いちいち、コメント書くと、
また、超超長文になりそうなので、
テーマだけにしておきます。

テーマ。  終わり。
松の枝、松葉、松ぼっくり、松の、松の・・・
だけで作りました。
いろんな種類の松たちです。
もちろん、花は松の花じゃないけど、
基本のすべてが松!

そんなテーマでやるところも、
大好きな、バーバラです。

次、何する??と今から考えている2人。
林檎は?とか、
うーん、うーん。。。
悩むところです。

そんな風に、似たような感性なので、
仕事も楽しく、2人で
あーでもない、こーでもない、
といいながら、2週間はほぼ残業三昧な日々を
送った11月なのでした・・・
[PR]
by rikirui | 2010-01-10 01:36 | 仕事

日ごろのツケ・・・やな。

11月は、忙しくしつつも、
お食事会のお招きは、ほいほーい!
と喜んで行ってみたり・・・

毎年恒例、
平均年齢60歳以上!(失礼な!でも確実や!!)
な、お食事会。
主催者はルドルフさんの前の大家さん。

この方が、まー元気で、おもろいおっちゃんで、
ドイツ大使だったそうで、いろんな国の、いろんな話をしてくれます。
もちろん、日本にも行った事があるし、
私にはいつも、
おーこんにちは!と言い、
ガハガハガハ! と笑います。
和田勉さん??

今回は、ミレニアム企画!って2000年はとっくに過ぎ去ったけど。
おっちゃん、73歳!にして、初ご結婚!

すごいなー。なんか、ドイツ。
ミレニアムより、めでたいんちゃうん???

そんな、おっちゃん主催のお食事会。
お料理はこちら!

e0103663_8161976.jpg

カモ・丸焼き。照り焼き・・・



e0103663_8171719.jpg

Blaukraut(ブラウクラウト)
直訳すると、青キャベツ・・・
実態は、紫キャベツと、りんごとか、いろいろ混ぜて、
甘めに炊き込んだ酢キャベツのようなもの・・・

メインディッシュ、終了!!
これ・・・
e0103663_820426.jpg

あ、ジャガイモダンゴ。忘れてました。

カモは、丸焼きの半分が一人分。
それを、みんな(60歳以上の方)ほとんどが
平らげるのだから、すごい!
私も、残すのは悪いなーと、頑張って、4分の3を制覇!
エモリミエ、頑張ります!


って、あんまり、
実は、
頑張らないほうがよいと、
今日、判明しました。。。


エモリサン、
ノー天気なもんですから、
あまり、深く考えず、
仕事いっぱいでも、
体力と、気力で、
いままで、乗り越えてきました。
というか、乗り越えられたのです。

健康児に生んでくれた両親に感謝しないといけません。

が、こないだの血液検査とか、もろもろもろで、
ちょっくら、栄養偏り気味・・・な結果がでました。
どうも、かなりの、いろいろな、栄養素が、かけているらしい・・・
それで、時々不調になったりするものの、
熱がでるわけでもなければ、お腹も痛くなれへんので、
いっそがしぃー!
ゆうてるまに、症状はなくなっているのですが、
ほんまは、
じつは、
炭水化物と、肉のみで
栄養が取られているふうな、ような、感じだそうです。
ルドルフさんにも、言われました。

そんなこと、あんたに言われたないけどねー。
私より、肉、肉、パン、パンな生活してるくせにさー!

でも、よく思い直してみると、
年に2回は調子が悪くなって、
毎回おんなじこと、お医者さんに言われて、
年明けて、
また、おんなじこと言われるのも・・・
やっぱり、どうかな。

食事日記とかつけたら、ほんまにひどそう。
でも、ブログでつけてみたら、どうなんやろう??

今日のゴハン。
朝:ゴハン。昨日の残りカレー。
昼:おにぎり2個、
おやつ:クッキー
晩:ゴハン、ラーメン半分。なめこ汁(インスタント)

キャー!ひどすぎる!怖すぎる。

ちょっと、おかんに電話でもして、
食料を送っていただこうと思います。

でも、困った・・・
何がいいのかな?

自業自得というやつですね。
[PR]
by rikirui | 2010-01-08 08:41 | 日常

去年の出来事。。。つづき。

フラッと友達を訪ねてみたり、
はたまた
家にこもって、寝まくり道場開催してみたり、
リズムよく生活するのが苦手な私。
いつも、どっちか!な極端人間です。

だけど、仕事はいつでもしていたい。
手がガッサガサになろうと、
うわー!センスなさ過ぎ・・・と、落ち込もうと、
外に置いといたバケツの水、凍ってまんがな!な激さむだろうと、
花と接することは、好き。

なので、時々は、なんか作ります。
本当は”時々”とかなんてあかんねんやろうけど・・・
しかも、かなりの偏った趣味で・・・

とりあえず、
秋明菊とツルドクダミ(漢方薬にもなるそう、グーグルで初知り!)
が、秋の大好きな花ナンバー1と2になるので、(これまた極端。。)
そのブーケ。
と、
ドイツに来てからとても好きになった花、
カーネーションと、バラの実で、キレイな色合いのテーブルデコ。

しかし、誰も結婚しないし、晩餐会も催さなかったので、
ひっそりと、エモリサンが写真に収めた次第です。

e0103663_23252115.jpg
e0103663_23254312.jpg



ピンクの花が秋明菊、こちら。
e0103663_2327235.jpg

大好き!
白もあって、それは、もっと好き!
名前もキレイ。

で、ブーケの下にタラタラ~~と垂れているのがツルドクダミです。

この方も日本ではあまり見かけず、(多分郊外にはあるのかな?)
よくよく調べると、漢方薬であったり、同じ仲間には、
日本でよーく見かける、
イタドリ、ソバ、藍・・・などなどがあり、
実は中国原産だった!
アジアはすごい!
そして、エモリミエもアジア人!


アジア人は米が命!
って、ことで、
時々どころか、本当は毎日ゴハンが食べたい私。
あまりにも忙しく、ゴハンも作れなかった頃、
ルドルフさんが私に作ってくれた、ジャパニーズスタイルのごはんが、
こちら!
e0103663_23315236.jpg

盛り付けも、ルドルフ。

ちょっと、星一徹になりかけた私。。。

だったら、自分で作れ!やけどね・・・
[PR]
by rikirui | 2010-01-06 23:33 | 日常

去年の出来事・・・

11月、12月と、
ぷつり・・と切れた糸とか、電気のように、
ブログを書かずじまいだった、エモリミエ。
何気に、デジカメをいじくって、写真を見ていると、

あらまー!あるわ、あるわ!!
書こうと思っていた出来事たち!
もう、あまり細かいとこまで思い出せなかったりもするのですが、(当たり前!)
ダイジェスト版にしてみます!
梅干と、お茶を飲みながら・・・

まず、始まりは、10月の中ごろから・・・
11月に入ると、仕事オンリーになるのが判りきっていたので、
10月は逃避行などしていました。
行く先は、大好きなお友達、ジロ。

あー!思い出した!
行く前日、ルドルフさんと大喧嘩して、泣いて、わめいて、
起きたら目がはれてて、予約してた電車に乗り遅れたんや!


その日は、駅に着いたとき、

あのー。すみません。この駅の時計間違ってません?
私の時計は5分前なんですけど・・・

と、人に聞く私。

いいえ、あっていますよ。

と答える人。

うげー!なんでやねん!
よく間違ってるこの時計が、今日だけ正確で、
いつも家でチクタクゆうてるやつが、何でまちがってんねん!!

そんなはずは、ない!
ありえへん!

と、自分の携帯をパカッ!と開けてみた私の前に、

がーん!電車行ってもうた・・・な時刻が現れた・・・

あー、この最初んのに乗り遅れたら、次んのも乗り遅れて、
その次も乗り遅れて、結局、何時につくんやろー?

すぐさま、ジロにメールをうちました。
今から、もう一回チケットの予約しなおします。
何時に着くかはそれからわかります。
電車に乗り遅れました・・・ミエ   と。

ま、それでもあまり物事を深く考えられないようにできている
脳みそのおかげで、
次の乗換駅では、余裕で
乗り遅れてーん、次の電車、何時発??で何時に目的地に着くん?
と駅員さんに聞いていました。

ジロにも連絡がつき、結局1時間半ほどの遅れで着きました。

行ったところは、ドイツの有名保養地、バーデンバーデン!
彼女は去年からその町のお抱えガーデナーグループの一員として
働いています。
お金持ちのおっちゃん、おばちゃんたちが来る町なので、
いたるところの花壇がきれい!公園もすばらしくきれいに整備されている!
しかも、うわぁ!なバラ園がある!
残念ながら、花のシーズンは終わりで、
ほとんどが刈り入れられてました。
だけど、2人で、切った切り口を見て、
へぇー。こんなふうに切るんやぁー。
とか、
閉まっているバラ園の間近にまで行って、
いやー!あのバラほしい!ちょっと、挿し木するのに持って帰っていい?
と聞いたり、(あかん、言われたけど・・・)
落ち葉拾いをしたり、
公園を散歩しつつも、木の名前あてごっこしたり、
しまいには、枝折ってみたり。

彼女とは、そんなふうに遊びます。
そして、2人は満足げに家路につくのでした。

あー。大好きなお友達。

でも、撮影した写真は
これだけでした・・・
ばん、ばん・・・
e0103663_7303544.jpg
e0103663_7305810.jpg

彼女が作ってくれた、おいしいご飯と、
そのテーブルにさりげなく飾ってあったデコレーション。
ゴハンは、毎回、すごくおいしい!
だから、私はいつも作ってもらうし、外食には行きません・・・
デコレーションも、何気にかわいく、
見たことのない植物の実と、どんぐりのボウシのみ。
この、どんぐりのボウシのみを拾ってくるジロが
私は、
たまらなく、
好きなのです。
実も、いいにおい、してたし。
で、すぐに私は、
何コレ!なんの実??と聞きました。
ジロもわからないそう・・・
じゃ、私も知らんわな・・・

そして、デジカメの電池は切れたのでした・・・

前の日にケンカなんかしてるさかい・・・しゃーないな・・・

そんな彼女のミュンヘンからのお土産は、
日本のかぼちゃ!
最近ドイツでも売り出されてきた、日本のかぼちゃによく似たかぼちゃ!
それまで、ドイツに売っているかぼちゃと、サツマイモだけは
絶対に買わない主義だったわたし!(おいしくないのだ!!)
たまに、ルドルフさんが
あ、これ、ミエが好きだと言っていたサツマイモ!とか買ってきたことがあって、
そのたびに、
だ・か・らーーー!これは、まずいの!!
と文句を言っていた当時・彼女、今・嫁。

でも、最近出回り始め、ウホウホな私。
だけど、時期がずれると、これまた、まずくなる・・・

10月おわりなんて、まー!まさにかぼちゃシーズン!!
てなわけで、
それまでドイツのかぼちゃに馴染んでいたジロに、
日本風のかぼちゃをお土産に持っていったのでした。
重たかったけど・・・


そんなこんなで、
ダイジェスト版のつもりが、超!長文に!
これ以上長くなると、しんどいので、
パート2を次回にまた。。。

あーもしかして、職業が書き物をする人やったら、
いい線いけてたかもしれへんなーーー

と思ったりなんかして・・・。

ちゃんちゃん・・
[PR]
by rikirui | 2010-01-06 07:45 | 日常